公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構
九大研究シーズ 九大伊都キャンパス まちづくりの現状 新伊都国 ステージイベント

マスタープラン
環境との共生
工学系地区
センター地区
生物多様性 埋蔵文化財

九大伊都キャンパス

生物多様性保全ゾーン 埋蔵文化財
埋蔵文化財
伊都キャンパス周辺には、古くからこの地域で、人々の往来が盛んであったことを示す遺跡が数多く残っています。移転決定から、度重なる調査の結果、縄文時代から江戸時代までの数多くの遺跡が分布し、貴重な遺物が出土しています。特に大寶元年(701年)と記された木簡は、大宝律令が制定され、元号表記が開始された年のものです。遺跡の調査・保存に関しては、九州大学内外の研究者及び福岡市教育委員会をはじめとする関係機関から慎重な意見聴取を進め、学術的な見地から、可能な限りの現状保存方針を採り、キャンパスの空間構成上、造成技術的に不可避な箇所については、重要部分を移設保存することにしています。

 

(写真提供:福岡市教育委員会)




Copyright c Organization for Promotion Academic City by Kyushu University.All Rights Reserved