公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構
九大研究シーズ 九大伊都キャンパス まちづくりの現状 新伊都国 ステージイベント

マスタープラン
環境との共生
工学系地区
センター地区
生物多様性 埋蔵文化財

九大伊都キャンパス

生物多様性保全ゾーン 埋蔵文化財
生物多様性保全ゾーン
伊都キャンパス周辺は、田園や山林等が残る自然に恵まれた地域です。伊都キャンパス内に建設する施設群と周辺地域の緩衝帯として、キャンパス周辺の緑地を保全し、周辺自然環境や集落環境との調和を図ることを考えています。これらの緑地の保全・活用を図ることに加え、開発によって失われる緑地の回復に努めています。また、用地内で確認されている老齢の常緑広葉樹二次林、ヒノキ人工林等の注目すべき植物群落を保全するとともに、周辺地域の貴重な水源の一つである「幸の神」の湧水の西側の沢地を「生物多様性保全ゾーン」として保全し、多様な生物種の保全と生態系の連続に配慮しました。生物多様性保全ゾーンでは、シャジクモ、ナンゴクデンジソウ、カスミサンショウウオ、ホッケミズムシ、ゲンジボタル等の貴重種をはじめとする野生動植物の保全を図っています。

樹木の移植
沢地の保全
野生動物の保全



Copyright c Organization for Promotion Academic City by Kyushu University.All Rights Reserved