公益財団法人九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)

本文へ
文字サイズ

九大学研都市トピックスTOPICS

「ローカル5G」を活用した実証実験を行う九大研究者・企業を募集中

公開日:2022年7月7日

  •  糸島市、九州大学、民間企業、金融機関(産学金官)で設立した(一社)SVI推進協議会によって今年5月、日清紡ホールディングス(株)と共同でローカル5Gの利用環境が糸島市(志摩馬場)に整備されました。

     

     ローカル5Gとは、エリア限定(特定の土地)で活用することを目的に設置する5G機能の総称です。「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」が大きな特徴で、ドローン(小型無人機)や無人トラクターを使ってのスマート農業、高精細映像を利用した街の見守りなど、幅広い分野での活用が期待されています。この特性を活かした実証実験の第一弾として、九州大学学生団体「QSIP(キューシップ)」が、菜園での環境計測(温度・湿度・照度など)システムの構築に取り組む予定です。

     

     同協議会は実証活用例(ユースケース)収集の場として活用を希望する、九州大学の研究者や糸島市内外の企業を募集しています。設備は無償で提供、また現地見学も可能とのことです。詳細は下記問い合わせ先へご連絡ください。

     

     

     

    <問い合わせ>

    糸島市経済振興部学研都市づくり課サイエンスヴィレッジ推進係

      TEL:092-332-2079

    E-MAIL:gakkentoshi@city.itoshima.lg.jp

     

バックナンバー
2022年度
2021年度
2020年度
2019年度
PAGE TOP