パンフレットPamphlets

九州大学学術研究都市推進機構・頭脳形成拠点

  • 公益財団法人九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)は、世界的レベルにある九州大学の知的資源をベースとして、福岡都市圏西部に統合移転を開始した「九州大学新キャンパス(伊都キャンパス)」を核とする『知の拠点』を形成します。

    pdfを見る

九州大学学術研究都市推進機構 紹介パンフレット

  • 九州大学学術研究都市推進機構は、「九州大学学術研究都市構想」が描くまちづくりを具体化する総合マネジメント組織として、地元産学官の九州大学、経済界、自治体で構成されています。
    九州大学学術研究都市のまちづくりについて、具体化に向けた「3つの基本方針」を描き、「学術研究に関する広報活動」「産学官の共同研究による研究開発支援」「研究機関等立地支援」「産学連携交流支援」という4つの柱にもとづいて事業を展開しています。

    pdfを見る

よろず相談室『分析NEXT』

  • 産学官が一体となった“九州大学学術研究都市”。その一つの機能として、様々な分野で必要となる分析機器の利便性をさらに高めるため、よろず相談室『分析NEXT』を開始いたしました。

    pdfを見る

九州大学学術研究都市 企業立地のご案内

  • 九州大学学術研究都市では、地元自治体が企業進出を強力に支援します。
    各自治体の支援制度や九州大学学術研究都市エリアの開発計画、伊都キャンパス周辺へのアクセス情報等について、こちらからご覧いただけます。

    pdfを見る

九州大学学術研究都市 知の創造空間づくりの現状

  • 九州大学学術研究都市では、《水素などのエネルギー》《半導体》《ナノテクノロジー》《バイオテクノロジー》《次世代モビリティ》などの分野に関する産学連携施設や研究・試験施設の立地が進んでいます。
    九州大学の総合力をバックボーンとして、柱となる分野を中心に、研究プロジェクトや研究機関の立地を促進します。また、分野を超えた研究者間の連携、知の融合による新たなテーマの創出や、社会や産業界が求める研究成果の応用・実用化を促進します。更に、次世代技術の実証都市など、東アジアの核となる知の創造空間づくりを目指しています。

    pdfを見る

九大学研都市メールマガジン会員募集!

  • 「九大学研都市メールマガジン」では、九大学研都市エリアの各種イベントや
    自治体、大学、産学連携、研究機関の活動情報等、九大学研都市に関する
    最新情報をタイムリーにお届けして参りますので、是非お申し込みください。

    pdfを見る

pagetop