報告書等REPORT

平成22年度事業計画

本機構の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

1.学術研究に関する広報活動事業

セミナー・説明会等の開催

 九大の研究ポテンシャルや学研都市等についてPRし企業立地を図るため、東京及び福岡等において、企業向けセミナーや各種展示イベント等への出展を実施して、現地見学会への参加につなげたり、九大の研究者と企業との交流会を定期的に開催する等、産学連携・企業進出の契機とする。

東京会議の開催及び国省庁等への要望活動

 九大学研都市構想促進東京会議を開催し、首都圏のオピニオンリーダーによる学研都市形成支援の促進を図る。また、九大の統合移転早期完了やインフラ整備等の推進を図る国省庁訪問に連動して、国公設研究機関の情報収集や要望活動を行う。

九大学研都市情報のプラットフォーム

 九大、関係自治体及び立地する企業・研究機関等の情報を迅速に収集・発信する仕組みを検討し、学研都市情報のワンストップサービス体制を構築する。

九大研究シーズの情報発信

 当機構が開発した研究シーズ情報の検索システムの活用を図り、企業向けのシーズ情報の提供を促進する。

その他の広報活動

 公共施設での情報発信、ホームページの更新、業務報告書やOPACKめーる(年4回)、各種パンフレット発行等の多様な広報活動を通じて、学研都市への理解を促進する。

2.産学官の共同研究による研究開発支援事業

分析クラスター形成推進事業

 分析サービスを核としたイノベーション創出システムの構築、人材育成拠点の形成、関連産業集積に向けた事業を進める。

化学系先端研究プロジェクトとの連携

 未来化学創造センターや「光と水の伊都未来都市構想」との連携を図るとともに、個別のプロジェクトと連携して学研都市の形成に有益な情報収集を行う。

福岡経済情報基盤協議会の研究活動支援

 学研都市を核として、九大発のID管理システムを利用した新しい社会基盤の構築を目指す「福岡経済情報基盤協議会」への支援を行う。

地球環境問題解決に資する産業化ニーズと九大シーズのトランスレーショナルリサーチ

 地球環境問題の解決技術に関する企業ニーズと九大シーズのトランスレーショナルリサーチを九大知財本部及び九大の各部局と連携しながら行う。

超高圧電子顕微鏡フォーラム【特別会計】

 九大の超高圧電子顕微鏡を活用した産学共同研究を推進するため、フォーラムの運用を行う。

3.産学連携交流支援事業

都市形成調査

 タウンオンキャンパスまちづくり推進会議の運営、産学連携促進に必要な新たなサービス機能整備に関する調査、外国人居住環境整備事業を行い、学研都市形成に向けた取組みを行う。

産学連携交流センターとの交流事業

 産学連携交流センターの入居企業との連携を促進し、研究所立地への展開を図る。

九大学研都市産学連携推進会議

 学研都市に進出した研究機関や関係者の交流促進と共同による情報発信、学研都市に関する意見交換等を図る。

4.研究機関等の立地支援事業

●企業誘致
企業向け現地説明会の開催

 学研都市への企業の理解を深め、誘致を推進するため、現地説明会を開催し、誘致対象企業を招待することで、個別企業との関係強化を図り、立地を促進する。

ほたる、タウンオンキャ ンパスへの企業誘致活動等

 ほたる、タウンオンキャンパスへの企業・研究所等の誘致を行うため、関東、関西、名古屋地域等への企業訪問等を行う。

研究サポート企業等の誘致

 九大の研究をサポートする企業の学研都市への誘致活動を行うとともに、地場銀行等と連携した新たな進出企業の発掘を行う。

5.企業立地促進補助事業

産業活性化企業誘致活動

  当機構がこれまで取り組んできたセミナーや企業誘致を通じて蓄積された企業情報や経験を一層効果的に生かすため、産学連携等に精通したシンクタンク系機関と連携した企業誘致活動を展開する。

北部九州自動車産業活性化人材養成等事業 (ユニット部品設計開発人材育成事業) 【特別会計】

 北部九州において自動車産業の更なる集積を進めるため、人材が不足しているユニット部品設計開発に関する研修を実施、人材を供給することにより、学研都市における頭脳拠点(設計開発拠点)化を図る。

pagetop