報告書等REPORT

平成17年度事業計画

本機構の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

1.学術研究に関する広報活動事業

学術研究都市シンポジウムの開催

 地元福岡及び東京において学術研究都市シンポジウム等を開催する。

東京会議の開催

 九州大学学術研究都市構想促進東京会議を開催する。

第一期開校関連広報活動

 第一期開校に向けて財団をPRデスクとして、関係者が共同で、九大・学研都市の情報集約・発信、広報企画に取り組む。

九州大学の情報発信拠点「ビッグオレンジ」の活用

 新キャンパスの「ビッグオレンジ」で、プラズマディスプレイ等を使い、学術研究都市と財団の情報を提供する。

その他の広報活動

 ホームページの企業向け情報等の充実を図るとともに、学術研究都市構想パンフレット(改訂版)や機構ニュース(年4回)を発行する。

2.産学官の共同研究による研究開発支援事業

ICカードの普及等による都市研究調査

 学術研究都市をモデルに、ICカードをツールとする、公共公益施設等の利便性やセキュリティの構築を目的としたプロジェクトを支援する。

金属加工技術の共同研究可能性調査

 自動車フレーム等の金属加工に関する共同研究・先端材料技術実用化センターの可能性について調査を継続する。

共同研究・研究開発支援等実施の可能性に関する調査

 九州大学等研究機関の研究者と企業研究者等の産学共同研究プロジェクトの立ち上げに向けた可能性に関する調査を実施する。(水素キャンパス、感性融合プロジェクト、高速電力線通信など)

3.研究機関等の立地支援事業

企業セミナーの開催

 学術研究都市への企業・研究施設の立地促進に向け、地元福岡及び東京において、企業向けのセミナーを開催する。(テーマは、ナノ、水素、バイオなど)

産学連携施設等の立地誘導に関する調査

 タウン・オン・キャンパス地区や周辺部の産学連携施設等について、九州大学、福岡県、福岡市と連携し、事業化方策等の検討、施設の需要調査を実施する。

ほたる開発調査・都市形成調査(将来像CGビデオ作成)

 ほたる開発調査・都市形成調査を行った上で、学術研究都市の将来像をビジュアルに伝えるために、学術研究都市の「将来像CG」や「ビデオ(DVD)」を作成し、企業・市民等の理解の促進を図る 。

企業誘致活動

 企業・研究施設等の学術研究都市への誘致活動を実施する。このために必要な「九大有力シーズ」「企業立地環境」「住環境」情報等を掲載したPRパンフレットを作成する。

4.産学連携交流支援事業

九大の研究シーズ、企業ニーズ等の調査と情報発信

 企業等との連携が有力視される九大の研究シーズおよび、企業の新事業進出や大学等の活用ニーズを調査・取材すると共に、これらの情報を企業向けに分かり易く編集し、ホームページを活用して情報発信し、産学の交流を促進する。

pagetop