公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構
九大研究シーズ 九大伊都キャンパス まちづくりの現状 新伊都国 ステージイベント
まちづくりの現状TOP
学研都市構想とは?
伊都地区
田尻地区
九大学研都市駅

まちづくりの現状

事業の目的 まちのデザイン検討、整備イメージ
まちのデザイン検討、設備イメージ
 今後、魅力あるまちづくり・整備を進めていくため、以前「魅力あるまちづくり」(平成12年3月発行)にてお知らせいたしました土地利用構想等の検討に基づき、まちなみや景観等といったまちの将来像やまちづくりについて、平成13年度より学識経験者や関係企業ならびに地元代表者等により構成される「伊都地区顔づくり計画検討委員会」において検討をすすめて参りましたが、このたび第4回(平成14年9月5日開催)をもちまして、検討結果がまとまりましたので、その内容の一部についてお知らせいたします。
 本検討については、地区が持つ自然・地理・歴史等の特性について条件を整理し、地区の核となるような主要な地域「地域の顔」を設定し、まちの景観やデザインについて誘導、またルールについて基本的な検討等を行いました。
 また引き続き、立地が見込まれる主要な施設についての建物や顔となる地区周辺についてのデザイン・景観について、より具体的に検討を行うため、学識経験者(九州芸術工科大学 森田教授)をはじめとし、事業者ならびにまちづくり懇談会参加者等により構成する「伊都地区まちなみデザイン検討ワーキング」を組織し、第1回目を平成15年3月25日に開催いたしました。検討内容につきましては、今後の開催状況に合わせ随時お知らせいたしていきたいと思います。

地区の特性を表す3つのキーワード
「学園」-(大学)
九州大学や福岡大学の持つ先進性、文化性、若者のエネルギッシュさ
「公園」-(自然・歴史)
糸島半島に培われた豊かな自然、歴史風土
「田園」-(田園都市)
駅を中心とした地域の核を持ち、緑豊かな環境の住宅地が広がり、複合機能を持つまち



(1)学園通線ゾーンのデザイン/設備テーマ
・大学アクセス通りとしてのシンボル性
・沿道利用の促進・誘導
・広々とした空間の軸線の協調

九州大学への遠景のイメージ

学園通線沿道のイメージ

(2)センターゾーンのデザイン/設備テーマ
・ランドマークとしての駅デザイン
・南北広場の一体化・連続性
・調和のとれた形態・色彩の建物の誘導
・ゆとりのある歩行l空間
・公園と一体となった開放的な空間

センターゾーン全体のイメージ
(新駅南側)

徳永川沿道のイメージ

(3)緑道ゾーンのデザイン/設備テーマ
・良好な居住環境を創造する緑の空間
・地元に愛される歩行者空間づくり
・歴史の散歩道

緑道のイメージ

緑道ゾーン全体のイメージ

伊都地区の特性・空間の概念






Copyright c Organization for Promotion Academic City by Kyushu University.All Rights Reserved