公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構





















2008年2月7日(木)に
第3回九州大学学術研究都市情報交流セミナー
〜ビジネスチャンスは九大学研都市から〜
有機ELが拓く新しいエレクトロニクスの世界
を開催いたします。みなさまのご参加をお待ちして おります。

  
E-mail: info@opack.jp(貴社名、職・氏名、連絡先TEL・Mailをご記入下さい)
  FAXでのお申込みは次のPDFファイルをダウンロードして

  必要事項をご記入のうえお申込み下さい。  FAX参加申込み用紙→pdf
申込締切:平成20
年1月31日(木)
(注:定員150名になり次第締め切らせていただきます。)

 福岡都市圏西部の糸島半島では、新しい学術研究都市づくりの進展とともに、九州大学を核とする様々なビジネスチャンスが広がります。
  第3回のセミナーでは、大学や自治体の学術研究都市の最近の取り組みをご紹介するとともに、ディスプレイや半導体など様々な分野に、フレキシビリティや高性能化、省エネルギーなど革新的な進歩をもたらす可能性を秘めた有機エレクトロニクスの世界について、その将来像とこの分野をリードする九州大学の研究をわかりやすく紹介します。
日  時:平成20年2月7日(木)
     15:00〜15:20 : 第一部 九大学研都市情報
     15:20〜15:30 : 交流タイム
     15:30〜17:30 : 第二部 講演
     17:40〜19:00 : 交流会
場  所:ホテルセントラーザ博多(定員150名)
     福岡市博多区博多駅中央街4-23  092(461)0111     
プログラム
○第一部 九大学研都市情報(15:00〜15:20)
 (報告)
 九大学研都市の最近の動き〜土地・施設情報など ― 推進機構
○交流タイム(15:20〜15:30) 九州大学学術研究都市DVD上映
○第二部 講演(15:30〜17:30)  〔途中休憩〕(16:25〜16:35)
  「有機光エレクトロニクスの登場−基礎から最新技術まで−」
   九州大学未来化学創造センター光機能材料部門 教授 安達 千波矢 氏

  「有機ELがディスプレイ産業に与えるインパクト」
   日経BP社 NIKKEI MICRODEVICES 編集長 朝倉 博史 氏

○交流会(17:40〜19:00) ※参加費2,000円
お問い合せ:(財)九州大学学術研究都市推進機構 TEL:092-735-4848
       (平日/9:30〜18:00まで、土・日・祝日は除く)
主 催:(財)九州大学学術研究都市推進機構
共 催:国立大学法人九州大学,社団法人九州経済連合会,福岡県,福岡市,前原市,
     志摩町,二丈町
後 援:福岡経済同友会,福岡商工会議所

        以下をクリックしていただくと詳細がご覧頂けます.↓